ライター 長井の気ままな生活

気ままなライター生活を綴ります

60歳から始める個人事業主~退職を認めない会社への手紙

www.nikkei.com 今の日本は人材の流動性が高まり、転職することも厭わなくなっている流れになっています。 それはまあ自分が可愛いですし、給料が上がるか福利厚生がしっかりしているところに転職することは理解できます。 これは社員すれば当然の権利です。…

60歳から始める個人事業主~ちょくちょく借金で悩む人へ

ダンナの収入が定年後でがっくり減った。まあこういうことはよくあります。かくいう私もフリーになって収入が減りましたから、世の中そういうものです。 しかし、今はクレカなどで借金をするのも気軽にできるようになります。気軽に借金をすることをNHKで報…

60歳から始める個人事業主~大学やめて物書きになりたいという人へ

私は、たいした大学を出ていません。ただ、大学経由で社会人となり、現在フリーランスで活動していますが、これは収まりの良い人生だったと思っています。 大学を卒業して、作家、ブロガー、ライターになりたい人は一定数いるでしょう。中には大学をやめてブ…

60歳から始める個人事業主~2019年10月から消費税10%アップ。サイレントテロが日本を覆う

そういえば2019年10月から消費税10%にアップすることを忘れていました。個人事業主も税率が変わるので来年の今ごろには注意が必要です。 私は少子高齢化が続く日本に対してはかなり悲観的に見ており、人口オーナス時代に突入した日本が経済成長することは難…

60歳から始める個人事業主~吉澤ひとみ容疑者のひき逃げ事故で思うこと

元モーニング娘の吉澤ひとみ容疑者の一連のひき逃げ事件で思うことはさまざまあります。 こういっちゃ身もふたもないですが、アイドルの寿命は短く、その後の人生の方がはるかに長いのです。スポーツ選手も同様です。 若い時に成功すればそれはまあちやほや…

60歳から始める個人事業主~サラリーマンを経験しなければライターになっていません

意外なことですが、中小企業のサラリーマンをやってよかったと思います。前職には、思うこともありますが、感謝はしています。そして同時に辞めて良かったとも思っています。 たった一度の人生です。最後は好きなことやって一花咲かせたいものです。50過ぎた…

60歳から始める個人事業主~三田佳子さんの次男 反社会的勢力を近づけないための智恵が必要でした

バブル時代にはCMの女王として君臨されていました三田佳子さんも悩みはつきないようです。 次男が覚醒剤で逮捕されましたが、覚醒剤をやめるのは大変です。ですから、好奇心でも覚醒剤に近づかないのが一番なのですが、悪ぶったり、東京の繁華街で粋がって取…

60歳から始める個人事業主~個人事業主は人がいいだけでは難しいです

人がいいと思われがちな私ですが、実は、ブラックな部分も包容しており、損をして得を取る性格も有しています。そういうことを一番、理解している人は妻ともう一人いました。 若い方でしたが私のことをよく分かっていました。仕事上で私のことを単にお人好し…

60歳から始める個人事業主~押し売り屋は時代遅れのビジネス

取材以外はほぼ在宅です。妻は仕事していますので、私の方が家にいることが多く、家に用事がある人は、ほぼ宅配便です。 基本、私は1日のウチ6時間くらい働く代わりに土日もない生活をしています。とはいえ、メリハリが必要で休むときは休みます。 日曜日は…

60歳から始める個人事業主~社長とは適度な距離感を持っていた方がいいですね

人間一番大事なことは、引き際です。それは死ぬまでサラリーマンをやり、社長もそれを容認するのであれば別ですが、おおむね65歳になると、ほぼサラリーマン人生の幕を閉じます。 その際、あまりじたばたしない方がいいです。若い人に席を譲らないと会社は新…

60歳から始める個人事業主~サラリーマンは300万円で小さな会社を買ってはいけないこれだけの理由

M&Aの取材を結構していますが、最近は大企業で定年を迎えた元管理職が「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書) 」という本に触発され、中小企業を購入しようと意欲を持つ人がいます。 9月11日…

60歳から始める個人事業主~国は70歳まで働く制度を検討していますが

jp.reuters.com 現在、再雇用で実質上65歳が定年になっています。私は再雇用はリスクが高く、何らかのスキルか商材を見つけて60歳定年と同時に個人事業主をはじめた方が面白いと提起しています。この65歳定年を70歳まで延長することを国は考えているとのこと…

60歳から始める個人事業主~いつか来る引継ぎの日

人間いつかは会社から去り、引退する日が来ます。私の場合はやや速く、50代前半でアーリーリタイアしました。その時、必要なことは後任への「引継ぎ」です。 私の場合、機関紙・機関誌作成でしたので特別なマニュアルがあったわけではありません。もしあると…

60歳から始める個人事業主~可能性が可能性に干渉し、別の可能性をつくる

タイトルはとあるゲームに登場しますが、この「可能性が可能性に干渉し、別の可能性をつくる」という言葉がとても気に入っています。 まあ私はゲームをしませんのでよくわからないですがOPソングはいい歌です。 私は8社ほどの外部ライターを兼務していますが…

60歳から始める個人事業主~人類はそんなに無理ができる動物ではありません

動物は、エサを確保した後、ムシャムシャ食べますが、その後ごろごろするケースもあります。やはり、腹がふくれたら一安心ということもあるのでしょう。 人間は、会社によりますが休むことはなかなか許されません。このあたりサラリーマンの満足度が低いこと…

60歳から始める個人事業主~ブログっていいですね

60歳に限らず、個人事業主やフリーランスはブログをやった方がいいです。これはライターだから、エンジニアリングだからという理由はさておき、今やミニメディアを保有して、情報発信する時代です。 それで人となりを知ってもらうことはとても大事なことです…

60歳から始める個人事業主~在宅ワークは確実に太る

個人事業をはじめて1年半を超えました。一番の問題は確実に太っていることです。前の体重を言えば、そんなに痩せていたのと言われるかも知れませんが、ガリガリでした。 前の気分転換はタバコですが、禁煙して以来、今は、お茶とガムです。気になっているの…

60歳から始める個人事業主~ZAITEN10月号 産経新聞 聖域なき構造改革

私も仕事柄、いろんな雑誌を買いますが、結構昔からある「ZAITEN」は今でも読んでます。特に各社広報部が恐れているのは、「クレーマーズレポート」。読者から寄せられたクレームを元に実際に取材するものです ここの媒体は企業の敵ばかりやっていますけれど…

60歳から始める個人事業主~1社下請の危険性

私の個人事業の基本方針は、できるところはすべて自身で行い、外注もせず、黙々と個人事業を完結し、大きくせず、あくせくして働かず夫婦ふたりが生活する分稼ぐことに専念しています。 そんな私は事業拡大をまったく考えていません。そういう野心もないので…

60歳から始める個人事業主~炎上ライターって怖くてできない

世の中には、「炎上ライター」という人もいます。私にはこれは無理ですね。常識の範囲内で執筆しているため、私の書くものはそれほど人気がないです。 ただし、例外はあって倒産記事なんかは比較的にPVは多いです。私の執筆内容は極論を避けていますが、理由…

60歳から始める個人事業主~私に個人事業主になることをすすめた社長の思い出

私は前職では機関誌・機関紙などの作成を業務にあたっていまして、取引先の社長などにインタビューを行い、それをまとめたり、建設業界で重要な事項についての情報提供を行っておりました。 そんなある日、ある専門工事会社の社長に話をうかがっていたのです…

60歳から始める個人事業主~憧れだった会社の凋落

私は個人事業主をやっている以上、取引先は多ければ多いほどいいと考えています。理想型は10社くらいで、一ヶ月当たり1社3万円ほどのライティングをしていけば、30万円稼げることが悪くない取引形態です。怖いのは1社専業下請で、1社から切られたらオシマイ…

60歳から始める個人事業主~アルバイトをしようと思います。人恋しくなりますね

在宅ワークを続けて1年半以上になりますが、仕事は確かに捗りました。生産性は明らかに上がり、まあライターとしてはよくやっている方だと思います。 今期もこのままでいけば目標達成はなんとかなりそうです。生活も問題もありません。しかし、取材していて…

60歳から始める個人事業主~子どもがいないことについて

私たち夫婦には子どもがいません。これも運命だと思っています。もし子どもがいれば前職を辞めることもなく、色々と運命が変わっていました。 若い頃は、周囲から「子どもはまだか」と言われましたがこれは私たち夫婦にとってはかなり辛いことでした。プレッ…

60歳から始める個人事業主~収入1000万円でも破綻しますし、300万円でそこそこ暮らしていけるワケ

生活は収支を考え、身の丈に沿ったものであれば破綻することはありません。 年収1,000万円ですと、富豪のように思えますが、税金や社会保険でもっていかれることも多いので手取りでは750万円くらい。そこから子どもの教育費、家の購入、保険その他いろいろな…

60歳から始める個人事業主~ネットでの働きたくないという声

ネットを見ていると、「働きたくない」「働いたら負けかな」という声もあります。私はお金があって生活にそれほど困っていなくても働いた方が身体にいいと思いますし、第一ヒマでヒマでしょうがないでしょう。 仮に、サラリーマンが嫌になったというのであれ…

60歳から始める個人事業主~再雇用という生き方

今は事実上、定年は延長され、再雇用も含めると65歳です。私は定年制度は必要と考えています。そうしなければ、組織がいつまでも若返りをはかることなく、最後は老人ホームのような組織体になり、若手にバトンタッチができないからです。会社の事業継承を考…

60歳から始める個人事業主~50代から準備する個人事業

私は60代からの個人事業を推奨していますが、50代から準備を始めた方がいいと考えています。再雇用を続けたとしても65歳が限界でそれからの食い扶持はご自身で開拓しなければなりません。 それまでサラリーマンやOLとして奮起してきた人生でしたが、自立を余…

60歳から始める個人事業主~50過ぎたら勝負事はやめるべきだし人と比較してもしようがない

私はギャンブルはしませんが、若い時は痛い目に遭って、勉強することは反対しません。ちなみに、日本にカジノをつくることは反対です。マカオに行った私たち夫婦は、実はカジノも楽しんでいません。 日本人はパチンコ好きですが、タバコよりもパチンコを取り…

60歳から始める個人事業主~頑固にならず柔軟に生きよう

自分の父の晩年は頑固で手に負えなくなっていました。年を取ると人間こんなにも頑固になるモノかと私もいろいろと辛い思い出があります。最後に仕えた上司も実に頑固でした。特に父は個人事業主を廃業していくと一日中、ボーとしてテレビを眺め、そのテレビ…