ライター 長井の気ままな生活

気ままなライター生活を綴ります

60歳から始める個人事業主~フリーランスの服装

私は本当に痩せていたのです。タバコも止めたことやフリーランスでストレスもなくなったせいもあり、背広がすべて合わなくなりました。しばらく夏が続いたため、取材での服もスラックスとワイシャツというスタイルでしたが、先日寒くなったのでいよいよ背広を買うときが来ました。

これはすべてのフリーランスに語りたいことですが、フリーランスは太りますので自己管理が必要です。運動したり、なんかしないとまずいです。特にライター系のフリーランスは、執筆に熱中し気がついたら夕方だったということもあり、太りやすい日常を送ることになります。

そろそろ秋も本番になったこともあり、私と妻は一緒にイオンに行きました。近場のイオンは品揃えが悪いのでやや足を伸ばして、遠くのイオンに行きました。

私がある会社の技術者のインタビューを終えた後、妻はクルマの練習も兼ねて、迎えに来ました。妻が安全運転で私を乗せてイオンに向かいました。

背広についてはそんなに豪勢でなくとも思っています。とりあえず相手が不快に思わない服装であればいいというのが私の姿勢です。

ほかのフリーランスがどういう服装しているかチェックしていませんが、夏であれば前述したとおりで春秋冬は、背広でサラリーマン時代と基本同じです。

私はこの服装が絶対だとも思っていません。相手が不快に思わなければなんでもいいのです。

逆にIT関係を取材した時は、「ほー背広のライターさんは珍しい」と言われたことがありました。スタイルは人によります。ただ私は役所取材もしますのでつい無難な線を選びます。

髪の毛はどうでしょうか。あまりにも派手な金髪はまずいので、やはり黒髪が無難と考えます。

これがITやデザイン取材オンリーだと多分私よりもラフな格好でOKでしょう。

余談ですが、妻とはじめてデートした時、私なりに身なりは気を使ったつもりですが、妻からは後にNGを出されました。妻の母からも、身なりの指導を受けました。

私も服装は分からないので妻からのアドバイスを優先しているのです。

しかし、私たち夫婦は服に限らずいろいろなものについて豪華なものを選択しません。私は極端な話センスも特別に考えていません。だいたい妻に任せています。妻がOKを出した服を着るというのが私のライフスタイルです。

これは男性側がセンスにこだわりがあるというのであれば自身で服を選択した方がいいかもしれませんが、私はセンスがないです。イオンというと安物のイメージがありますが、安くても取材相手が不快に思わなければいいのです。

それに私も50過ぎたオッサンですから、格好つけても仕方がないです。誰か注目してくれる人もいません。まあ、私は若いつもりですが、年相応の貫禄も出て来ました。

 

 

 

 

60歳から始める個人事業主~フリーランスの税金

私は、まあガッツリ稼ぐタイプよりも、夫婦ふたりで生活に困らない程度の原稿料でなんとか生活していくのが目標ですのでノルマは深く考えていません。

とはいえ、社史編纂でお金が入ってくるとありがたいですし、たすかります。普段はカネを意識していないといいつつも大きな入金があると嬉しいのです。

1年での稼ぐ目標は、手取り300万円~360万円です。これよりも下げるのも上げるのもそれぞれ問題があります。さて今日はフリーランスの税金の話です。

手取りですから、国民年金国民健康保険代も別で稼がなくてはなりません。このほか、所得税、住民税、固定資産税などがあります。実は、私は所得税、住民税について今はそんなに徴収されていません。去年は税金と保険料で偉い目に遭いました。今、問題なのは国民年金国民健康保険料です。

この中で所得税と住民税は工夫次第でなんとかなるものです。少なくとも一定の条件を満たせば、所得税と住民税は、かなりの節税が可能です。

私がおよその年収を公開しても、所得税と住民税を公開すると、非難囂々雨あられになることが間違いないのでさすがに両税の支払いは非公開にしています。

しかし、サラリーマンを辞めた翌年の住民税と保険代は、ガッツリ取られました。私は幸い貯金がありますので支払うことが出来ましたが、貯金がない人だと支払いに窮する人もいるだろうと想像しました。

多分、サラリーマンを辞めてフリーランスになった最初の1年は住民税と保険料の高さに驚く人が多いでしょう。ちなみに、健康保険について、去年は任意継続で、協会けんぽをそのまま使いました。50才である程度働いた人であれば、自治体によって異なりますが、任意継続の方が良さそうです。任意継続制度がなければ厳しいです。

国民年金は月に約16、000円超徴収されます。国民健康保険代は、所得によって異なりますが、いずれも「えっそんなにかかるの」と驚かれる方が多いです。

ですからフリーランスになるのは自由ですが翌年の住民税、国民年金国民健康保険料がいくらかかるかを計算した上で、ご自身のノルマを考える必要があります。

これがサラリーマンですと自然に引き落としされますから、あんまり意識しません。

まあそれでも一般サラリーマンですと、所得税などの税金と社会保険料を合わせるとおよそ二割はもっていかれます。それと比べるとフリーランスの方が節税が出来る分だけ、若干有利かも知れませんが、決して社会保険料の支払いはバカになりません。

税金と社会保険料はいくらかかるかを考えつつ、いくら稼がなければいけないかを目標数値を決めていくのが望ましいです。

 

60歳から始める個人事業主~退職後、失業保険を受け取らず開業の道を選択

私は退職し、個人事業主を開始することを決めたとき、二つの道がありました。一つは失業保険を受け取った後、開業する道と受け取らずすぐ開業する道でした。

結果的に12月31日退職、翌1月1日開業にしておりますので、失業保険を受け取っておりません。これはこれで良かったと思っています。

私は基本、退職を決めた後、出社せず、粛々と開業への準備を進めていました。たとえば、事務用品の購入など、屋号の決定、当面の名刺、開業前は結構やることが多いのです。あと、営業です。ライター募集しているところでこれは自分でもできそうだと思えたところは片っ端から応募し、すぐ働けるとアピールしました。

有給休暇取得はしても開業前はやることが結構多いのです。

ですから会社に出社しているヒマはないのです。どうしてもという時は、引継ぎで、後任がハローワークの募集で受かった人が決まったので2日間、引継ぎをしました。それ以外挨拶もそこそこで会社とは別れましたが、むしろ当時私にとっては開業をいかに円滑に進めることが重要な関心事でした。

私は退職が決まった後、会社でモチベーションを保てるかと言えば無理と言いたいです。特に、私のように開業を決めた人間からすれば、会社在職は意味がないことで、会社になんとなく出社する行為は理解できません。ですので前に書いたように堂々と有給休暇を請求すべきです。ごねれば「労基いくぞ」と言えば、黙ります。

実は、開業しながら失業保険給付の道を模索しましたがこれは無理筋でそれなら開業を遅らせて失業保険給付も考えましたが、私も50代前半とはいえまだ若いのでこれもやめました。たとえばネットニュースから仕事の依頼があっても、今、失業保険給付中ですから原稿を書けませんと断ればそれは信用問題であり、長い目から見れば仕事はよそに回されてしまいます。

実は会社の後輩から、「失業保険を受けた方が良いのでは」と言われましたが、いや1月1日に開業するので必要が無いと答えましたが、意外そうな表情をしていました。

各人いろいろな選択肢がありますが、私にとってはこの方法が最適解だったと確信しています。

働き方はさまざまありますが、なるべくブランクがない方が良いというのが私の考えです。これは転職でも同じです。

退職後、海外でのんびりしたい気持ちは理解しますが、現役のウチはブランクなしで次を決めて働くのがいいのかなと提案したいのです。

60歳から始める個人事業主~このブログを読んでいる人に伝えたいこと

ライターにとってはブログは気分転換です。カネになりませんから意味のない行為だと指摘する人もいますが、毎日、仕事だけの文章を書いていると飽きてきます。

このブログはおっさんの独り言の場所でそんなに面白くないのですが、それでも1年以上続けているせいもあり、1日120PVくらいはあります。最初は10~20PVでした。

コメントを残してくれる人もいてその方の人となりは理解できますが、だいたい多くはコメントを残さず読んでいる方です。何を楽しみにしておっさんの独り言をお読みになっているか実は分からないというのが実情です。

このブログはライターのハウツーモノではありませんし、50代のフリーランスのおっさんの生活を綴っているだけです。

中にはこのおっさんのような落伍者になったらまずいと若者が決意するのもいいでしょう、別の視点では、晴耕雨読をしつつ、記事を書いて生活しているから羨ましいとさまざまいると思います。

今は健康そのもので10時くらいは床に就いていますし、かなり生活は楽になりました。

サラリーマンとフリーランスの両方を経験して感じたことはお金も大事かもしれませんが、やはり健康やストレスのない生活に軸足を置くことは決して間違っていないとあらためて感じています。

受け止め方はさまざまあっていいのです。カネ大事という価値観もありです。

ただし、私の考え方は、健康第一という発想です。若い時は多少無理することも可能かもしれませんが、年取ると心身ともに病むと言うこともあり、中高年の自殺率も高いことを考えると、どこかでアーリーリタイアすることも検討してもいいのです。

私が言いたいことは、自分が自分を大切にしないと誰も大切にしてくれないと言うことです。私もそうですが、基本は他人事ですから、最後まで面倒を見てくれるというのはやはり、自分であり、家族であることに尽きるのです。

私はブログでいろいろなことを書いていますが、自己犠牲はあまり評価していません。

サラリーマンだから上長の言うことをなんでもいいなりになるというのは、それはどうかと思うのです。

やはりご自身の生活を第一に考え、それをもとに生活のありようなどを人生設計していくことが肝要であると思うのです。

 

 

60歳から始める個人事業主~退職を認めない会社への手紙

www.nikkei.com

今の日本は人材の流動性が高まり、転職することも厭わなくなっている流れになっています。

それはまあ自分が可愛いですし、給料が上がるか福利厚生がしっかりしているところに転職することは理解できます。

これは社員すれば当然の権利です。人材を流出させないためには、給料を上げるのが困難であれば福利厚生に力を入れ、働きやすい安心感のある職場環境とすべきです。

ただ、会社側からすれば辞められると困るというのも事実で、「退職認めない」などの悪質な慰留横行がまかりとっているとのことです。

私から言わせれば慰留というのはほとんど意味がないと考えています。会社から心が離れているのです。私もそうでしたが退職願をまず提出するのはやはり会社のどこかに不満か不安があるからで、それを解消したとしても、老人ばかりの会社になかなか未来を見出すことは難しいとも見ていました。

「社長にもしものことがあったらこの会社どうなるんでしょうなあ」

これは常につきまとう不安でした。そのため社長の寿命が延びて長生きして欲しいとも心から願っていました。なんかの理由がないと辞めることも難しいですし、個人事業主の独立を考えてもなかなか実行に移せなかったのが実情です。

とりあえず60才までサラリーマンを続けよう。その先は独立と思いつつも、退職にはそれなりに大義名分が必要で、私もそれなりに名分論を大事にする考えでした。

たまたま、上司ともめたことで辞められる大義名分が出来て、独立するラストチャンスができました。

社長はその上司と友達ですから、何が何でも上司をかばいます。しかし、私はもう上司とうまくやっていく自信が無いと吐露したことで、退職を認めざる得ない局面となりました。将棋の盤上で言うと上司が王様とすれば、私は飛車で、飛車を取られても王を逃がすしかないと理解していました。

この社長の判断は決して間違っていません。私が社長でもそうするでしょう。

しかしこういうことがなければ果たして退職がすんなり認められたとかというかなり疑問です。実際、退職が認められず死ぬ直前まで働かせられた人もいましたし、中小って仕事が属人化しますので、辞められると困ることから、引き止めも激しいのです。

さすがに退職届提出を強硬すれば辞められると信じたいですが、それでも辞めさせてくれないというのは日本というのは日本国憲法も通用しない無法地帯の会社がたくさんあるのです。

まあ、感覚で言うのもなんですが、冗談抜きで日本の一部の中小企業は北朝鮮を笑えないところがたくさんあります。オーナー系経営者もバランスの取れた方もいれば、私が法律だという方もいてさまざまですが、後者の経営者にあたるとやっかいで、退職すると裏切り者というレッテルを貼ることもあるでしょう。

白土三平のマンガではありませんが、カムイ伝のような「抜け忍」みたいな扱いになるかも知れません。

それはともかく、私は日本はもっと人材流動性がたかくなって、移動もどんどん思うようになればいいと考えています。処遇や福利厚生がうまくいかない会社はM&Aで吸収されてもいいですし、人材が必要なのは今後も続くでしょうが活躍の場所というのは必ずしもその会社でなくてもいいですし、別の会社の方がより能力を発揮できるかもしれません。

あるいは私みたいに個人事業主の方が向いている人もいます。そういうことであれば、会社側は退職というマイナスイメージではなくリクルートグループのように「卒業」ということで喜んで送り出す寛容な精神が必要ではないでしょうか。

私も前職を無事卒業して現在に至るわけですから多少なりとも前職には感謝しています。私の観点からすれば、「退職」ではなく「卒業」でした。

60歳から始める個人事業主~ちょくちょく借金で悩む人へ

ダンナの収入が定年後でがっくり減った。まあこういうことはよくあります。かくいう私もフリーになって収入が減りましたから、世の中そういうものです。

しかし、今はクレカなどで借金をするのも気軽にできるようになります。気軽に借金をすることをNHKで報じていましたが、「ちょくちょく借金」というらしいですが、お金の管理は夫婦ふたりでやるのが一番ベストです。

ちなみに、意外なことにお金の管理は私がやっています。お金の管理で収入と支出を計算し、ベストな収支バランスを取るようにしています。私の支出のあり方についてはかなり節約をはかるものですから決して、甘くありません。

基本冠婚葬祭費はゼロに近いです。よほどのことがない限り出席しません。

タクシーも意外と無駄遣いの根源です。タクシー貧乏という言葉があるくらいです。

収入が減ったので支出もそれに合わせて減らしています。私は定年後の生活のダウンサイジング化を訴えていますが、借金がない生活が一番金持ちだと思っています。

クルマや家のローンについては別ですが見えない浪費は避けるべきです。とはいいつつも私も本代には月15000円ほど使っていますので要はメリハリです。

最悪なのはよくわからないが無駄遣いをしていることです。これが「ちょくちょく借金」の近道になります。そして、「ちょくちょく借金」を続けると、借金の返済に追われていく王道パターンになります。

この「ちょくちょく借金」の怖いところは自分のお金だと思っているのですが、純然たる借金です。さらに借金が常態化するといろんなカードに手を出してしまうことがままあるのです。

実は定年後、気をつけるべきことは、この「ちょくちょく借金」でいつの間にか、ダンナが我慢して稼いだ退職金がパーになる可能性も少なくないのです。

そうすると借金を返すのに汲々となり、生活自体もままならなくなります。本来であればこうなる前にダンナに相談すべきですが、そこはやはり借金を隠したい意向もあり、表沙汰になった時にはどうにも手の追えない状態になるのです。

まず「ちょくちょく借金」で悩む人が第一にすべきことは、ご家族に相談することです。隠してもいずれバレます。これは大事なことですが、自宅にいくらお金があって、いくら借金があるかの整理をしていない人が想像以上に多いのです。

借金があればまず、貯金を整理してすぐ返済すべきです。返済しきれなかったら、生活を一気に切り詰めて、毎月月々の返済にあてるべきです。そして借金を徐々に整理してゼロにしていく日を目指すべきです。

ここで重要なのは生活の棚卸しです。支出に必ずぜい肉と思われるものがあります。それを整理していくことが肝要ですが、これは定年後の人生にもあてはまります。

60歳から始める個人事業主~大学やめて物書きになりたいという人へ

私は、たいした大学を出ていません。ただ、大学経由で社会人となり、現在フリーランスで活動していますが、これは収まりの良い人生だったと思っています。

大学を卒業して、作家、ブロガー、ライターになりたい人は一定数いるでしょう。中には大学をやめてブロガーになると決意表明する人もいます。

その表明がどれだけ実現したか分かりません。まあ、ブロガーの世界で専業で食べて行かれるというのはかなり厳しいでしょう。お菓子代くらいは稼げるかも知れませんが、専業で食べていく能力のある人はほんの一握りです。

私は大学生が物書きになりたいということについて反対しません。ただし、物書きはいつでもなれます。とりあえず、大学を卒業して自分がもっとも活躍できる会社で働き、それで経験を積んでいくと書きたいものが変化していきます。

たとえば、大学時代は歴史戦記モノを書きたいという志向だったのが、意外とサラリーマンが水に合い、下級武士の悲哀やリストラ侍モノを書くようになるかも知れません。

小説専業作家も難しく、やっぱりほかも大事で、企業や銀行での経験を活かしつつ、サラリーマン人生をテーマに講演をしている人もいます。この作家は元銀行マンで広報畑で活躍した実績もあり、サラリーマンモノを書く作家の第一人者として活躍されています。

そこであえて私はサラリーマンやOLの経験をしてみるのも物書きにとっては悪くないと提案したいのです。今、4コママンガを見ていると、OLや派遣社員の経験をもとに、描いている作家が多いです。彼女たちも社会経験がなければ4コママンガを描くことは難しかったでしょう。

社会経験がそれなりにあると書く範囲が広くなります。私はライトノベルを読みますが、ライトノベル作家を主役にするケースを見るとその世界しかしらないのかもしれません。

今、幸い就職先には恵まれていますから、大卒という肩書きは引く手あまたでしょう。それに比べ、フリーランスは定期収入が入ってきません。これは非常に不安定な立場です。考えてみれば、今月いくら稼げるか分からないということです。サラリーマンからすれば、ありえません。一方、サラリーマンやOLは嫌なことはたくさんありますが、1ヶ月我慢すればとりあえず、月収が定期的に入ってくることは大きいのです。これはフリーランス個人事業主にとっては考えられない好待遇です。

年金、社会保障その他いろいろ面倒くさいことは会社が手続きしてくれます。サラリーマンはもろもろのことで会社から守られていてさらに貪欲に勉強できる場所です。

しかし、ブラックとか、上司がパワハラだったら、考えた方がいいですが、別に普通に淡々と働き、文句のない会社であれば是非、社会人になることをお勧めします。

私のライターとしてのテーマの多くは、サラリーマン時代に培ったものであり、大学卒業してイキナリライターで書こうとしても書けなかったことがほとんどです。

ですので大学をやめるなんてもったいない。せっかく親御さんが大金を払ってここまで育成したのです。物書きはいつでもなれますが、大学卒業の肩書きは今しか得られません。

卒業すればとりあえず「学士」様です。

社員の水が合えば私と異なり、意外と役員まで出世するかも知れません。50前半で役員になれば、莫大な役員手当が入ってきます。でしたら、60才まで頑張り、定年退職後、ライターかブロガーをやるのもいいです。

ちなみに私みたいに50過ぎてオッサンライターとして活躍するのも悪くないです。