ライター 長井の気ままな生活

気ままなライター生活を綴ります

希望の党から公認もらえた民進議員は勝ち組だと思ったのだろうね

f:id:nagaisan00:20171018102235j:plain

 

いやはや、政治っていうのはおっかないね。

私は基本、ややリベラル寄りで普段は支持政党なしのノンポリで特に主義主張もないけれど3週間くらい前は、自公過半数割れもありえたシナリオもあった。

ただしもちろん条件があって、連合との協力を100%取り付け、小沢一郎氏が提唱するオリーブの木の実現で自公と「一対一」の構図に持込む。

途中まで小沢氏はオリーブの木の実現に急いだが失敗した。

もちろん、共産党選挙協力が必要で共産党におりてもらい、票を分けてもらう。

そして小池百合子氏は、都知事辞任、衆議院選電撃出馬を行ない、自らが総大将になり、全国で応援演説を行なう。

さらには、「排除」「民進党の人を全員受け入れるつもりはさらさらない」も発言もなく、民進党の議員、お金、選挙スタッフ丸呑みで、政策ももし枝野幸男氏が立案していたらと言うさまざまなハードルがあるにせよ、決して負ける戦いではなかったな。

いろいろな要因はあったが、総大将がいない戦いは、戦国時代でも勝てるわけもない。関ヶ原でも名目上の総大将は毛利輝元であったが、大阪城にこもり、大坂の陣豊臣秀頼も出馬しなかったこともある。

しかし、民進党出身議員で希望の党から公認もらえた民進党議員は、政策協定を丸呑みしてでも勝てる選挙だと3週間前はおもったのだろう。

さらには民間人が希望の党塾に入塾し、高いお金をはらって公認を得られたと知って、「これで私も国会議員の先生になれる」と勘違いした人も多かった。

これは以前の日本未来の党や日本維新の党のバブルと同じような状態で新党は一時的な人気がおきるが、今の小選挙区制度では地元に根ざした政治家が強く、落下傘候補者が当選する確率はそうそうない。

しかし、これだけ、小池氏と前原誠司氏が次々と「悪手」を打つというのは想像もつかなかった。

自公勢力側からすれば、「相手がかってにこけた」という感想だろう。自公側が冷静にその場での判断で特に「最善手」を打ったわけでもなかった。ただし、相手が信じられない「悪手」が続いたため、勝ってしまったというのが本音のところ。

だから選挙区個別に見ても自民党候補者も本当に自分が勝つのかというのもはかりかねている部分もある。

この後、よほど自公勢力が「悪手」を打たない限り、圧勝だろう。リベラル勢力の立憲民主党野党第一党になるかが焦点。

枝野氏が結党記者会見を行なったとき、たった1人で記者会見を行ない、司会も枝野氏が行なっていたことを考えると、政治の動きはちょっとしたことで変わる。

 

立憲民主党の躍進の影には優秀な選挙事務員の存在

f:id:nagaisan00:20171016163828j:plain

 

大きな仕事をする時で大切なことは人を抱き込むことだと思う。

10月2日、枝野幸男氏が立憲民主党の結党宣言を行ない、記者会見に出席した際思ったことは、22日の投開票で間に合うのだろうかという率直な疑問であった。

何しろ、2日に決まっていることは代表が枝野氏であることと、政党名、ロゴだけであったのがいつの間にか、参加者が増え、Twitterも面白いため、普段は私は政党のTwitterは読まないのだが、Twitter担当者が人間味あふれるツイートをするため、結構、見てしまうのである。

先日、新宿の立憲民主党の演説会に取材に行った際、パンフレットもできていて、仕事が早いなと驚いた。

限られた時間の中で政策、政策パンフレット、応援の方法、段取りなどを行なうことを見て本当に立憲民主党の中の人は優秀だと感じた。

この中の人は実務担当者なのだが、私は、この実務担当者の事務処理能力の高さにあらためて感じ入ったし、こういう人を抱き込んだ枝野氏の人望の高さに思うことがあった。

というのもいろいろと政治家がメッセージを発信しようとも、選挙には多くの事務があり、この能力が高くないと選挙を乗り切れないのだ。

実際、希望の党のゴタゴタを見れば分るが、選挙には優秀な事務員が必要なのだ。

事務員が立候補することもないが、事務員はその抱えている候補者を当選させるために必死になる。

しかし、豊田真由子氏の例にあるように事務員に暴言を吐けばやる気を無くす。事務員が想像以上の力を発揮するためには、候補者との一体感が必要である。

選挙では候補者ばかりがクローズアップされ、注目されない事務員だが、実は、立憲民主党の支持率アップに影には、枝野氏が優秀な事務員を抱き込んだことが大きいのである。

 

もしも希望の党が排除せず、枝野幸男氏を三顧の礼で迎えていたら

f:id:nagaisan00:20171015214646j:plain

私は10月2日、枝野幸男氏が立憲民主党結党会見の場にいたが、いまや立候補者78名まで広まり、あっという間にリベラル層を中心とした支持層を拡大した。

記者会見に出席したとき、ここまで支持が拡大するとは想像もつかなかったのだ。

考えてみれば、自民党衛星政党である「日本のこころ」は消滅寸前であるし、是々非々と言いつつ、自民党の補完政党である日本維新の会は大幅に減少する見込みであり、基本保守政党自民党以外に需要がないのだ。

良くも悪くも自民党には人材が多い。だから自民党以外の保守政党は不要と言っても良い。保守的な経済政策を実現して欲しいのであれば、自民党に入れれば良いからだ。

ここに希望の党の判断に誤りがあった。

希望の党小選挙区で勝てるのは民進党出身者のみでそれはもともと地盤と票田を持っている議員に限られる。小池塾出身の候補者はほとんど全滅だ。

高いお金を払って希望の党から立候補した人は何を思うのだろうか。

塾生たちはこれで私たちも国会議員になれると考えたのか。

世の中それほど甘くない。

ネットでは、民進党出身者を受け入れたから、負けるととの意見があるが、そうではない。票田も基盤のない候補者がそもそも勝てるはずもないのだ。

もう時計の針を戻すことは不可能であるが、もし小池百合子代表が、いわゆる排除の論理を行なわず、リベラル的な政策を打ち出し、枝野幸男氏を軍師に迎えていて厚遇をしていれば情勢はずいぶんと変わっていただろう。

連合票や組織の部隊も協力していただろうし、ポスター貼りなどの業務のスムーズに進んでいたはずだ。

しかし、驚いたことは立憲民主党の政策、印刷、Twitterなどの選挙運営が実に見事に進んでいる。これだけ短期間で進められたことも枝野氏に人望があったことがうかがえる。

結局の所、希望の党は枝野氏のような有力者や実力者を抱き込めなかったことに最大の失敗であった。

人を抱き込むと言うことは結構、政治の世界では重要で、小池氏はおそらく枝野氏などの実力者を党内に引き入れると自分の影が薄くなると判断したためだろう。

良くも悪くも希望の党は小池氏の独裁で決まることが多いが、小池氏が失速すると人も離れていく。

やはり組織や党を大きくするには、包容の精神が必要であるが小池氏には欠けていた。

そもそも代表以外、党三役が決まっていない政党は異様としか言いようがない。独裁政党はうまくいっていれば良いが、失速するとあっという間に転がり落ちていく。

これから希望の党都民ファーストの会も議員の離党がささやかれているが、秋から冬に向けての政局は小池氏にとって厳しい時期になりそうである。

 

枝野立憲民主党代表演説には神が降臨した

f:id:nagaisan00:20171014224710j:plain

 

しばらく政治のお仕事をお休みしようと思ったけれども、枝野幸男代表が新宿で演説し、漫画家の小林よしのりさんが応援演説するということなのでこれはもう行くしか無いと思って行った。

枝野代表の演説は歴史に残るのではないかと思った。

マスコミはあくまで中立の立場だから、応援するというのはやはり問題があるが、枝野演説を聞いていると立憲主義と民主主義の両輪によって健全な政治の大切さをあらためて認識した。

ただし今回の選挙は自公が勝利するというのは新聞などの情勢で分っていることだが、愚直なまでも選挙民に訴える姿には感銘を抱いたのも事実。

新宿駅には数が数えられない人が集まったが、この聴衆がどれだけ選挙に行くか分らない。

しかし、草の根からの民主主義の考え方は大切であり、排除より包容の精神が今の政治家に求められている。

たとえば、今正社員であったとしてもいつリストラに遭うか分らない。そうした人々を救うのが政治の役割だと思う。

神がかった演説を聴いて思うことはいろいろあった。

 

希望の党はなぜ失速したのか

biz-journal.jp

今回の総選挙はよくも悪くも希望の党が焦点だったと思う。

だったと思うという過去形にしたのはもやはそれが焦点ではないからだ。

政治ジャーナリストの山田厚俊さんに話を聞いたけれど、まったく同感だった。

ちなみに前に書いたが、ライターがジャーナリストにインタビューして、まとめることはよくある。ジャーナリストが執筆する時間がない時にはライターの出番になる。

見出し等も含めて刺激的な記事であるけれど、山田さんの見立てはおおよそ間違っていないと感じた。

やはり、「排除」とか「民進党を全員受け入れることはさらさらない」というのは将棋で言う「悪手」だった。あれから強い自民党に立ち向かうジャンヌダルクから、無知で傲慢なマリーアントワネットになったと思う。

こんなことを言うのは何だけれど、自民党と似たような保守政党は歴史的に消滅する運命になっている。

それに今の小選挙区では1対1の構図にしなければ勝てない。

それに民進党のリベラル派を排除したが、選挙に強い人もかなり含まれていた。

希望の塾の塾生も立候補したいという考えもあり、調整は難航したが、自民党が強い選挙区に飛ばされた人は気の毒。

たとえば小泉進次郎氏や小渕優子氏の選挙区では比例復活も望めない。

恐らくこの希望の党は長くはない、小選挙区で勝ち上がった人は、民進党に戻るだろうし、比例復活した人同士で新党を立ち上げ、頃合いを見て新党を消滅させて民進党に戻るだろう。

小池百合子氏の人気がなくなった今、希望の党に残る理由はどこにもない。それに先に離党した細野豪志氏や長島昭久氏に頭を下げるというのもプライドを許さない議員もいるだろう。

小池氏は進退伺いをするかさっさと希望の党の代表をおりて都政に専念するかは分らないが、いずれにしても代表の座は降りる。

できたばかりの希望の党がすでに風前の灯火というのも厳しい見方だが、政治の世界はつくづくおっかない。一寸先は闇だ。

希望の党に入党すれば勝ち組だと思う議員や候補者も多かったがあっさりとその希望が絶望に変わった。

選挙が終わったら希望の党内部で刺激的なもめ事が起きると思う。

走れ光速の~帝国歌劇団 横山智佐さん維新の会の選挙カーに乗る

昔、サクラ大戦というゲームがあって主人公の真宮寺さくら役の声を担当したのが、当時の人気声優であった横山智佐さん。

結構、昔のゲームでやりこんだけれど、物語そのものは終わっているのでほとんど忘れていたが、久しぶりに横山智佐さんの名前を聞いた。

日本維新の会選挙カーで応援演説をしていたからだ。

応援している写真を見たが、時が流れるのは早い。デビューが10代だったが、顔写真を久しぶりに見たときは、当時の面影を残しつつも、年取るとこんな感じかと思う。

呼んだのは同党の木村たけつか氏。この人とは会ったことがあり、仕事の関係で木村氏の後援会に行ったり、名刺交換をしたことがある。

日本維新の会という右翼のイメージがあるが、木村氏に限って言えば、性格は誠実さがある人だなと思う。木村氏もご多分に漏れず政界漂流している人だが、一応、墨田区には地盤があり、自民には負けるがそこそこの票田は持っている。

いわゆる最近、多い落下傘型政治家ではない。

その木村氏がどういうつてで横山智佐さんを呼んだのかは分らない。

横山智佐さんも墨田区出身であるし、親族関係から頼まれたかも知れないし、仕事の依頼かも知れない。

仕事の依頼かなにか分らないが、声優さんにはこういう仕事はして欲しくなかった。

別に、この党を応援しているから嫌だとということではなくて、声優と政界というのはやはり、別であって欲しいという願いがある。

ただし、政界の仕事は実入りがいいのも事実。

本当は私はライターをはじめた当時、政治の仕事はやるつもりはなかったのだが、政治の記事は売れるというので結局、政治記事が増えている。

横山智佐さんに限らずほかの声優さんやアイドルも政治には関わって欲しくないし、この話を聞いたとき、サクラ大戦もいろいろと終わってしまったとがっくりした。

ここ数年の声優業界も出入りが激しく、寿命が短いのも事実。

給料をはじめとする処遇改善に力を注ぐべきだが、それをやるとアニメがつくれなくなるので悩ましい。

横山智佐さんが選挙カーに乗るというのは思うことはいろいろあった。

部屋の中は紙だらけ

私の場合は事務所などはご大層なものはないし、自宅兼事務所になっている。

前の書斎がそのまま事務所になっている。

1月1日からライターの仕事をはじめたが、その時はすっきり綺麗なものだったが、今や家の中は気がついたら紙だらけ。

ほかのフリーランサーはよく分らないが、ライターの場合、先方から資料をもらい、それを参考にして記事を執筆するが、この資料は保存しておこうと考えていた結果、事務所のあちらこちらに紙が山積みになり、捨てないといけないと思い、整理した。

サラリーマン時代からそうだったがどうも整理整頓が下手だ。

ほかのフリーランサーやライターから是非、話を聞きたいのは整理整頓の手法だ。

あと、本も多い。ダイヤモンドや東洋経済など興味深い特集の時は購入しているが、こちらも貯まっている。

一度、目を通しているが今は企画を立案するよりも目の前の仕事が多く、企画を考えている暇がない。

あとは山積みされた建設業界紙も読みたい。読みたいものはたくさんあるのだが、読んでいる暇がない。

いつもは図書館に行って、新聞を読むのも日課だが、新聞を読む時間もない。

ただ、選挙が終わらない限り、まったりした仕事はできないだろうと思う。