ライター 長井の気ままな生活

気ままなライター生活を綴ります

私は友達らしい友達はいません

president.jp

私には友達らしい友達はいません。

カネもないので、金目当てで近寄ってくる人もいませんし、人望もありません。とはいえ、自分が不幸だと思ったことは一度もありません。

大学時代はともかくとして、心から信頼を寄せる友達に出会ったことはありませんし、会社を辞めれば、同僚や先輩からただの知り合いになるだけで、人生そういうものかなと思っています。

とはいえ、サラリーマン時代でもフリーランスでも仕事関係で会う方は多く、打ち合わせもいたしますが、そういう方を一方的に友達認定したことはありません。

とはいえ、仕事仲間については尊重し、リスペクトしております。

LINEはやっていますが、ほとんど妻との連絡でしか使っていませんし、ほかの方とわざわざLINEで「飯でも食わないか」と言うことに、自分にとって違和感があります。

シニアに近くなり、ミドルの花盛りの世代ですが、仕事はそこそこあり、それなりに忙しいです。

私が、釣り、山登り、ゴルフなどの趣味があれば、趣味友達もできるかもしれませんが、そういう趣味もなく、本を読むことが趣味らしい趣味でこれも1人で完結できるので、友達がいなくても本は読めます。

ただ、上記のプレジデントにあるような記事に全面的に賛同しているわけではなく、友達がいて仲良くしたければ友達を普通に続けてもいいのではないでしょうか。

とはいえ、この記事には一面真理があり、60歳を超えれば役員で残らなければ、その後の会社人生はなかなか厳しいのも事実。

島耕作シリーズ』の弘兼憲史氏は、こうも言っています。

「定年を前に、出世ルートを外れていると感じるならば、仕事以外の自分の幸せを考え直すよい機会と捉えるべきです。自分の身辺を見直し、不要なモノを捨てることで、身軽に生きられます。整理を始めるなら、早いにこしたことはありません。その分長い時間を“手ぶら”で生きることができるのですから」

問題はこの冷酷な事実を受け入れられるかどうかです。

たとえば会社を退職して、知り合いの業者とゴルフコンペを開いても誰も集まらなかったという話は星の数ほどあります。年賀状も激減した話も以前、書きました。

再雇用でいくら残りたいと言っても65歳を超えるとさすがに体力が続きませんし、いずれサラリーマン人生からの退場を余儀なくされます。

 

私は残りの人生を妻と一緒に楽しく暮らしてフリーランスの仕事で生きていくことに決めましたが、サラリーマンを辞めるに当たって、手ぶらで生きようと決断したのも事実です。

私見を言えば、弘兼氏の言うように「友達を捨てる」というよりも自然に疎遠になっていくことが多いのです。連絡を取らなければ、やはり友達は自然消滅していくものでしょう。弘兼氏のように「捨てる」という言葉には違和感があり、大上段に構えなくとも、自然消滅という言葉が私にとっては一番ぴったり来ます。

それよりも妻が大事というのが私なりの価値観です。

私はサラリーマン時代から、「会社よりも妻が大事」とよく公言していましたので、なかには私のことを嫌っていた方もいたでしょう。

調子に乗ると時々、「いやぁ、私はマイホーム主義者ですから」とよく言っていました。会社第一の方からすれば、私の姿勢は好ましいとは思っていなかったのでしょう。

とはいえ、その妻が友達同士の女子会で家を空けると実はほっとする時もあります。

根本的に一人が好きな体質なのでしょう。

それはともかく、サラリーマンは現役時代は、「会社にいた」のですが、退職すれば、「おうちに帰る」のです。遅いか早いかの違いです。

おうちに帰ったとき、快く奥さんやご家族が迎えに来てくれるかは、みなさん次第です。

 

webニュースサイトは過当競争にある

f:id:nagaisan00:20180219095810j:plain

webニュースの収益は広告ですが、過当競争にあります。

自分がwebニュースに執筆して以来、感じることはやはり、過当競争かなということです。

一般紙であれば朝日読売毎日産経のせいぜい4紙ですが、webニュースサイトは星の数ほどあります。

多くは広告による収益ですが、まあ儲かっているから参入するサイトも多いのでしょう。

しかも、芸能や経済だけではなく、業界紙のようなwebサイトもあり、業界に特化したwebニュースも含めますとさらに多いです。

実際、紙の媒体ですとハードルが高いこともあり、そもそも紙媒体が収益が上がるかどうか分りません。

たとえば、建設業界紙は年間約10万円の購読料金ですが、イマドキ10万円をポンと払える会社は限られています。確かに、役所やゼネコンも購読していますがビジネスモデルとしては限界がどうしてもでできます。

実際、購読者層は約1万部というところがいいところではないでしょうか。

そして業界紙は記者を直接雇用するため、社会保険などの諸経費もかかります。ハードルが高いというのはこういうことです。

しかし、webニュースですと、ライターは請負契約ですし、印刷費用がかかるわけではありません。ですので初期投資が少ないと言えます。

参入障壁は明らかにwebニュースの方が低いです。

webニュースの編集部は若い人が多いです。層は、30代~40代。業界紙の中枢が50~60歳代だとすると世代も全然違います。

私はどちらかといえば業界紙世代ですが、業界紙と同じ発想をしていけば残念ながら取り残されるため、日々新しい発想を取り入れたいところです。

わたしはwebニュースでも建設業に特化した内容も執筆していますが、建設業界紙と同じような発想で記事を執筆していれば通用しません。

webニュースライターの方がよりシビアな世界です。

参入のしやすいwebニュースサイトですが、今後、増えすぎましたので淘汰もされるのではないかとも考えています。あまりにも数が多すぎます。

しかし、業界に特化したサイトはそれなりに存続が可能な気もします。webニュースサイトは成長株かも知れませんが、サイトの乱立のため、今後どうなっていくか注目したいです。

プチ勤務が日本を救う

f:id:nagaisan00:20180220153946j:plain

「フルタイムでは働けないけれど、1日3時間~6時間ほどなら働けます」

世の中こういう方は少なくありません。しかし、多くの企業は、なるべくフルタイムで働き、残業を厭わない従業員を好む傾向にありますが、いずれ限界が来るでしょう。

今まではそれで通用したかも知れませんが、今後そんな都合の良い労働者は少なくなるからです。

そこで働き方として、フルタイムではありませんが、働く時間を選択し、その人なりのスタイルで働く「プチ勤務」が注目されています。

日本のなかの潜在労働力を見ると、シニアと主婦が多いですが、この方々に、「フルタイムで働いて」とお願いしても、断られるでしょう。

ついでにいうとミドルである私も「ムリです」と答えます。

昨日は年金の話をしましたが、かなり悲観的です。年金+副収入がこれからの生活費になると提言しましたが、フルタイムで働く必要はありません。

そこで企業+労働者双方にとっていい話がプチ勤務です。

私たち夫婦は2人ともプチ勤務です。妻は主婦の仕事とプチ勤務の仕事の両方をこなしつつ、私も8時間丸ごと働いていません。1日の実労働時間は6時間程度です。

問題は企業が理解できるかです。企業がこの働き方を決断すれば、働きたい人も働ける環境になり、シニアも年金だけでは不安な人生から脱却できると思うのです。

よく言われるフルタイム8時間と言いますが、会社に出退勤するだけで仮に2時間、ランチタイムの1時間を含めますと24時間のうち、11時間近くを会社のために使っています。ちょっと残業すると12時間です。

生活の半分を会社のために使うという働き方や生き方にはそもそも無理があります。しかも、老後まで続けることは、なんのために生まれてきたのか私には理解できません。

企業もこれまでのように無い物ねだりをしても仕方がありません。

仕事を細分化し、8時~12時まではAさん、12時~6時まではBさんというシフトで回す働き方を企業は工夫すべきです。それはすでにコンビニなどのパート・アルバイトでも行なわれていることですし、今は短時間正社員制度も設けている会社もありますので、できるはずです。

できないというのは単なる言い訳です。企業側は、「マネジメントが面倒」というのが言い分ですが、企業の仕事はマネジメントです。

プチ勤務の幅はこれから拡大し、正社員の仕事も時間帯によって細分化される可能性があり、企業の人手不足や年金問題を一気に解決する切り札になり得ると私は思います。

 

年金いつからもらえるかな? 高齢者の定義も変わる

www.nikkei.com

現役世代が頑張って働いて年金を納めたご褒美として年金制度があります。

今、ちょうど団塊の世代は70歳を少し超えたあたり。なかなかみなさん元気で働いている方が多く、これからはシニアの採用を進めようという声も聞かれています。

年金を支える現役世代が少子高齢化で減少していく中で、年金額の減少なども聞こえてきます。

年金制度を積立方式ではなく賦課方式にしたことがすべての失敗のもとだと思いますが、最終的には消費税率アップによってなんとか維持するか、もしくは年金受給年を選択方式とは言え、70歳からスタートするなど、延長する方式を検討するしかありません。

今の年金制度では国が何を言おうと世代間に格差があり、若い方が損をする仕組みになっています。

ただし、このことをぼやいても仕方がありません。政治で解決できれば良いのですが、少子高齢化はどの政党が実施してもどうすることはできませんし、今後の運用に無理がある現実を悲しいことですが受け入れるしかありません。

納得いかないというみなさんのお気持ちも理解できます。

「いますぐ自分で運用するから耳をそろえて返して欲しい」その言葉も分ります。

ただ、厳しい現実はサラリーマンもフリーランスも同じです。現実的には75歳くらいまで年金+副収入の道を模索することがベストです。

サラリーマンであれば、なんとか上層部に取り入って、再雇用を続ける道があります。とはいえこれまで書いたように収入は毎年落ちます。

新人社員と同じ給料でフルタイムで働くことが我慢できるかが焦点になるでしょう。

パソコンも使えない、人脈もスキルもないというのであれば、さすがに会社が再雇用するのは難しいため、独自の力を発揮すべきです。

それでも65歳まで再雇用で続けられれば御の字でしょう。その後は、パートか何かの収入を確保すべきです。

フリーランスも自身のスキルの終わりなき向上を続け、生き残る道を確保すべきです。

編集部、広報などの人脈、なるべく早く執筆する能力など多くのことが求められます。

ですから、サラリーマンもフリーランスも老後は茨の道であることには変りありません。

今後の老後は、現実を受け入れつつ、現役世代をどこまで伸ばせるかが焦点になっていくと思います。

河津桜と下田温泉へ、ついでに取材も

妻とふたりで一泊二日の伊豆旅行に行ってきました。

何しろ、取材以外は家でひきこもって記事ばかり書いていると少々運動不足にもなりますし、脳も活性化しません。

金曜日の早朝から出かけ、1回河津で降り、河津桜を見に行きました。

f:id:nagaisan00:20180218201049j:plain

しかし、時期が早すぎました。河津桜はまだ一分咲き。ただ気分転換に山川を見るだけでもずいぶん脳みそが楽になりました。

その後、下田に行き、西伊豆町の桜も見に行きましたがこれまた一分咲きでまだまだでした。

私は西伊豆町の道の駅で足湯につかれましたが、疲れた足を温泉につけると結構脳みそと足が楽になりました。

その後、下田のホテルに行き、温泉地で一泊。私はあまり地元名産のことはよく知らないのですが、下田は金目鯛が有名で、ホテルの食事でもこちらがメインでした。

翌日は、食事をした後、ホテルのバスで一度、下田駅に行き、その後、下田港周辺を黒船で周遊。私たちと同席したのは台湾人の団体客でした。

f:id:nagaisan00:20180218201148j:plain

カモメが後ろ回ってエサを求める様はなんともカワイイモノです。

しかし、この日強風でその後、この黒船は運休。下田名物のロープウェイも運休でしたので、観光は温泉くらいなものでした。

食い物は旨かったですが、桜はまだまだです。来週で五分咲きになる程度、再来週で満開になるかも知れません。

ところでこの下田港を歩いていて時に、地元建設会社ののぼり旗が見えました。

「現場見学会かな?」と私が思っていましたら、妻が「あれ見に行かない?」と言いました。

私は建設系のwebニュースにも記事を配信しているので、「なにかネタになるかも知れないな」と思い、とりあえず、「広報担当はどなたですか」と声をかけましたところ、

地元の建設会社と自治体の出先機関の方を紹介され、一通りレクを受け、詳細に説明を受けた後、自分が執筆しているwebニュースをスマホで見せて、「もし企画が通りましたら後日、電話取材をお願いしたい旨を話しましたところ、快諾されました。

f:id:nagaisan00:20180218201404j:plain

うちの妻が不思議なのは、建設業に関心が強く、現場見学でも、質問することです。ICレコーダーがないため、スマホの機能を使い、録音しましたが、結構楽しめました。

名刺もない、カメラもない、ICレコーダーもない なんにもない時に取材したのははじめてですが、「今日はオフでたまたま通りかかったときに取材を申し込んで申し訳ない」といいつつもなんとかなりました。

ところでwebニュースライターは休暇でもネタをつかんだら取材する人が多いのかという疑問を持つ人が多いかも知れません。

それは人によります。特に、私は前職が建設業でしたので、建設業に対する愛着はほかのライターよりも強いことから、ネタと出会ったら、取材するタイプです。

 

新聞業界はまだまだ十分余裕があります

f:id:nagaisan00:20180214134305j:plain

昨今、新聞が売れないとよく言われますが、新聞業界は十分余裕のある世界であり、当分困ることはありません。まあ不動産で食べることができる業界になりつつあります。

一番困っているのは新聞配達業界でしょう。

それに比べて、webニュースライターはまったく余裕がありません。

先日、とある会社の記者会見に出席しました。

一般紙・業界紙も当然それぞれ聞きたいことを質問するのですが、この内容について記事にした一般紙ほとんどなく、スポーツ紙が関連イベントで芸能人か来たのでそのコメントを記事にしたくらい。

あと医療業界のwebが詳しくとりあげたことくらいですか。記者会見後の記事では私はいつも他の媒体は報じたかというを気にするタイプで、ニュース検索をかけるのですが、なかなか一般紙での報道は厳しいと感じることがあります。

私もサラリーマン時代でのイベントを何回か一般紙を呼んだり、社長インタビューをセッティングしたことがありますが、これもほとんど掲載されることがなかったです。

業界紙は詳しく書いてくれますが、なかなか一般紙掲載はハードルが高いと感じることが多いです。

しかし、webニュースライターは内容は別としては記事を書かないと生活できません。なので、なんとしても記事にします。

実は記者会見に出席しただけでは交通費が出るくらいで、あとはなんにもないです。

一本いくらの世界なのです。

場合によっては人間関係を強めるため、記事にしないセミナーなどに出席し、交通費もロハの時もあります。こうしたセミナーはもともと宣伝色が強く記事にならない内容ですが、人間関係を深めるためには、出席には効果があるのです。

そのため、この団体にはお世話になり、何回か大きなネタを書いています。

ちなみにこの記者会見は女性ライター向けで、男性ライターにとってはやや苦手の分野ですが、得意とか不得意とか甘えたことを言うのは許されません。

一般紙はデスクや諸般の事情でボツになることが少なくないのでしょう。

取材してボツにするというのはまだまだ一般紙は余裕があると考えています。

 

 

 

 

 

すぐ怒る人の気持ちはまったく理解できません

f:id:nagaisan00:20180213111717j:plain

世の中にはいろいろな人がいて、店で不手際があれば、「すぐ店長(支配人)を呼べ」とか怒りっぽい人がいます。

私は実はこのような人の気持ちはまったく理解できません。たとえば、ある店で店員が水をこぼしたとしても、謝ればそれで済む話だと考えています。

「大変申し訳ございません」と店側が言えば、私も、

「自分は大丈夫です」と答えてそれで終わりです。実体験としてある人とファミリーレストランと会食し、店員が水をこぼし、私の服がやや濡れたことがあったのですが、その店員は、ずいぶんと恐縮し、帰るまで謝っていましたが、私の方が逆に恐縮してしまいました。

ぬれたとしてもすぐ乾きますので特にこちらとしては特段に気分を害することはありませんでした。

ある日、ある年長者と会食していたとき、店員が粗相をしたため、その年長者は店長まで呼び、長く説教をしていました。

この時、私は、「なんでこの人こんなに怒りっぽいのかな」とそして、

「なんでこんなに偉そうなのか」と不思議に思いました。たかだか1,000円くらいのランチで特別なサービスを求める店でもなく、たまには不手際があると考えており、そんなことで説教することに対して違和感がありました。

そして心の中で人に説教するのは楽しいのかなと年長者が説教している最中も考えていました。

確かに飲み会に行くと一定数説教が好きな人がいます。また、飲み会に乗じて怒る人もいます。

「こういうのは楽しいのか」といつも思い、その人の考えや思いを忖度しつつも今に至るまでわからないです。

1回、説教や怒る方に話を聞いたことがあります。

「店が粗相してもそんなに怒ったり、説教するのはどうしてですか」

答えは、「オレが説教すれば店はよくなる。店のためにやっているんだ」というものでした。

私はいまでもこの回答が理解できません。

実は、妻と初デートで会食した際、店員に不手際があったのですが、「大丈夫ですよ」と私が店員に答えたことに対して、妻は私に非常を好感を持ったと後に話しました。

妻は、「怒りっぽい人をダンナにするにはリスクがある」と話しました。

店員に対して怒る人は、妻に対してもないがしろにするのではと思ったとのことです。

怒ったり、腹を立てることは私にももちろんありますが、いつも怒る人はそうとうストレスが貯まっているのかなとも思います。