ライター 長井の気ままな生活

気ままなライター生活を綴ります

台湾弾丸旅行7~九份へ行こう

5.九份

 九份はかつてゴールドラッシュで栄えた街で今は古き良き台湾の街並みを残しています。現在では石段や狭い路地、赤い提灯が特徴的なレトロな雰囲気を醸し出す街として、世界中の観光客から注目されています。日本人的にはジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなった場所とされるところもあり、かなりの人気スポットです。

 ただし、写真を見てもらえれば分かりますが、私たち夫婦が九份に到着したときは雨が酷かったことがとても残念です。台北市内では小雨でしたが、山の上にある九份に着くと大雨と言うことはよくある話です。この場合、傘だけでは対応するのは難しく、コンビニなどで雨合羽を買うというのがベストです。バス停近くにファミリーマートがありますのでそちらで買うのがいいです。

 

f:id:nagaisan00:20181210125815j:plain

晴れてれば下の景色もよく見ることができましたが

f:id:nagaisan00:20181210130810j:plain

千と千尋の神隠しのモデルとなった場所?

 九份で驚いたことは、これほど観光客が集中して来訪しているとは想像していなかったのです。私たちが行ったのはシーズンオフですから、それほど人がいないと思っていたのですが、狭い路地を歩くのも一苦労でした。言葉も日本語、韓国語、中国語が飛び交い、やはり観光地としては台北市内よりも人気スポットとの印象がありました。

 

f:id:nagaisan00:20181210131301j:plain

九份の路地

 そして雨が降ると寒くなりますので温かいそばがオススメです。台湾料理の中では、国民食とも言われる「牛肉麺」がありますが、ここで食べてもいいでしょう。

 路地の入り口に、「麺屋」があったのでここで食べました。この時は、一気に気温が下がり、寒いので一休みしました。この「牛肉麺」は寒いこともありましたが、美味しすぎました。

 

f:id:nagaisan00:20181210131836j:plain

牛肉麺で身体を温めました

 ほかにも、オススメと言えば、温かいお汁粉みたいのも名物ですのでそちらも食べました。

 色々と楽しめましたが、九份だけではなく世界的な観光地で言われていることは、観光スポットに人が集中する傾向があります。日本で言えば京都に集中して、外国人が一杯で、京都の社会インフラがついていけなくなっているとの指摘もあります。

 実際、九份行きのバスもかなりの人が並んでおり、バスの運転手は普段バスを使う人に配慮し、すべての人を乗せず一部は現地の人のために椅子を確保していました。

 あまりにも人があふれすぎて現地の人々の生活がままならない観光公害という単語も生まれていますが、自分も観光客として、観光公害の加害者とならないために、どう振る舞えば良いかと考えさせられた1日でした。

 九份の人々も観光で食べている部分が多いにしてもそれがキャパシティーを超える観光客が来た場合、どう裁くかというのはかなり難しいでしょう。日本人が休みになる12月28日から人が台湾に押し寄せていくでしょうが、どのくらい人が来るか実は想像が出来なかったのです。

 そして帰りは在来線を使いました。山の上からバスに乗り、瑞芳駅に着きました。ただし、ついていない時はついていなくて、台北駅に向かう在来線が18分遅れで到着しました。待っている間も寒かったです。

 

f:id:nagaisan00:20181210133601j:plain

瑞芳駅

 しかし、最後に天は我らに味方しました。台北駅に向かう在来線がガラガラに空いていたのです。私たちは一番前で待っていたのですが、その時、後ろから日本語で、「やったー」という声が聞こえました。私も同じ思いでした。台北駅に着いたときには身体は冷え冷えでしたが、夜は暖かいものを食べて、一休みしました。

 2日目のスケジュールは、ホテル⇒行天宮⇒マッサージ⇒九份⇒瑞芳駅⇒台北駅⇒ホテルでした。

 明日はいよいよ最終日です。とはいえ、ほぼ午前中で台北市内から離れ、桃園空港に向かい、日本に帰国します。

台湾弾丸旅行6~台湾タバコ事情 台湾は喫煙者にとても厳しいですよ

 台湾は南国ですから、喫煙者に緩い国であると思い込んでいましたが、ドイツ並みに厳しいです。台北市と東京都のどちらが喫煙者に厳しいかと言えば、明らかに台北市です。東京は、新宿駅などの中核駅付近では喫煙場所を確保しています。台北市には、その喫煙所がありません。

 桃園空港に降りたとき、喫煙場所を見つけようとしましたがまったく見当たらないことは少々驚きました。ちなみに台湾旅行中、屋内で吸える場所を探しましたが、まずないです。飲食店は日本はまだ寛容で吸える店も中にはありますが、士林夜市でも吸える店はなかったですし、そもそもタバコを吸う人をみかけることが日本と比べてとても少ないのです。私が行った店は外見ではタバコに緩い店のような印象がありましたが、すべて禁煙でした。

 ちなみに、私たち夫婦が宿泊したホテルも禁煙で、吸ったら罰金を取りますと書いてありました。宿泊するホテルでタバコをまったく吸えないというと喫煙者にとってかなり厳しいでしょう。ニコチン切れでイライラがたまることは想像できます。

 私は、個人事業主になった直後香港に行きましたが、屋内に厳しく屋外はかなり緩いものでした。台湾での喫煙場所は屋内はほぼ禁煙となると吸える場所は屋外のみです。屋外でも歩きタバコは厳禁で、屋外で喫煙可能な場所を探して、小さくなって、携帯灰皿を用意して、吸うしか無いです。台湾と香港のタバコ事情は共通しているところがあります。もっとも香港の場合は、灰皿を用意していますが、台湾は甘くありません。

 ですからホテルに宿泊している喫煙者もタバコを吸いたくなったらいちいち外へ出て路上喫煙するしかないのです。台湾と比較すると、日本は現段階では甘く、都条例と改正健康増進法の施行をもってようやく台湾並みの喫煙事情になります。

 日本はタバコに厳しいと思い込んでいる人もおりますが、実は台湾の方が厳しく、日本はまだまだドイツなどの先進国に追いついていないというのが実情なのです。

 罰金については他のブログからの転用で申し訳ないですが、2000元(約7,700円)から10000元(約38,300円)とかなり厳しいです。東京都千代田区条例では確か2,000円くらいでしたので、喫煙者にとっては台湾は優しくないのです。ちなみに、電子タバコは持ち込み禁止です。

 私は妻から、「タバコをやめられて良かったでしょう」と言われました。私は「その通りだね」と答えましたが、台湾でも路地裏などで身を小さくして路上喫煙している人々を見ると、タバコに優しい国はなくなったなあと実感しました。

 海外旅行を楽しむとなればやはり、禁煙した方がいいのです。先進国の中でも日本はタバコ規制が緩い国であると実感するのは海外旅行の時です。

 そしていよいよ九份編です。

 

台湾弾丸旅行5~台湾のマッサージと九份へ向かうバス

 行天宮を去った後、九份に足を伸ばすため、台北駅へ向かいました。当初、台北駅~瑞芳駅まで電車で行き、バスで九份というルートを考えていました。台北駅に到着しましたらイキナリ、電車がストップしばらく動きそうもありません。仕方がないのでバスで向かうことにしました。忠孝復興駅のSOGO近くのバスから九份へ行くルートを活用することとしました。ちなみに、SOGOとはあの日本の百貨店です。

 しかし、もう足も結構痛いので忠孝復興駅付近でマッサージを受けました。私は結構体格のしっかりしているオニイサン、妻はオバサンがマッサージしました。台北の旅は結構歩きますし、それに私は姿勢がとても悪く文章を執筆しています。ですから旅行中にマッサージを入れることは悪くないです。

f:id:nagaisan00:20181209203733j:plain

台北駅で足止め

 やはりプロにマッサージしてもらうと身体がとても楽になります。特に足の状態が悪かったので、足を重点的にマッサージしてもらいました。旅行で失敗したのははき慣れない靴をチョイスしたことでした。長時間歩くとすごく痛いです。

 マッサージ師は手慣れたもので、私と妻はまったく同じ時間にマッサージを行ないましたが終わる時間帯も同じです。手順も同じでした。

 ところでSOGOの隣で何か工事をしていました。SOGO拡張工事かそれともマンションを建設するか遠くで分かりませんが、日本のスーパーゼネコン大林組が施工していました。

f:id:nagaisan00:20181209205343j:plain

大林組が施工する建築物

 

f:id:nagaisan00:20181209210428j:plain

金瓜石行きのバスに乗る

 マッサージが終わり、バス停に向かいます。バスはSOGO近くのバス停です。これは
2018年12月時点での表記で今後変わるかもしれませんが、前にチキン屋があります。1062番の「金瓜石」行きのバスに乗ります。ちなみに、ここにいると、乗り合いタクシー屋が営業をかけてきます。40分で到着するからこちらの方がお得だよと書いたものを見せます。

 台北タクシー事情については何とも言えません。少ない経験で言えば、「あ、これは結構遠回りされたな」というケースもありましたし、親切な人もいました。遠回りされても文句も言えませんから、どうにもなりません。ただ、台北で、乗り合いタクシー屋に乗って大丈夫かと聞かれれば、「分からないです」としか答えようがないです。ただし台北をナビゲートしている人の文章を見ていると紹介しているところもあります。タクシーを使うと楽は楽です。私もお金を持っていればそうしたかもしれませんが、そんなお金はないです。

 ちなみにバスでは混んでいなければ1時間半ほどで九份に着きます。途中でトイレタイムがありませんので、事前にトイレに行った方がいいです。

 次は九份編といいたいところですが、その前に台湾タバコ事情を紹介します。

台湾弾丸旅行4~行天宮と占い師

4.行天宮

 2日目は、少し疲れたのでタクシーを使いました。ホテルからそれほど離れていない行天宮に行きました。ただ日本のタクシーが異常に高いのかもしれませんが、台湾のタクシーはそれほど高くありません。ちなみに、最寄り駅は行天宮駅です。

  行天宮を簡単に言うと、日本で言えばお寺か神社みたいなものでしょう。ただし、祭っているのは三国志で有名な関羽でした。結構、中国でも関羽を祭るところが多く、商売人は関羽に商売繁盛を祈る人がとても多いです。

 台湾も商売人や個人事業主が多く、商売繁盛のため、縁起担ぎをする人も多いのです。台湾と日本では祈る方法が違うので、私たち夫婦は台湾人の真似をして、「商売繁盛」を祈っていました。

 

f:id:nagaisan00:20181209194736j:plain

行天宮

f:id:nagaisan00:20181209194826j:plain

商売繁盛で関羽を祭る

 私もライターという商売をやっているので、やっぱり上手くいって欲しいというのがホンネでお祈りはします。これが売り買いしている商売人ですと、もっと真剣に祈っていることでしょう。実際、私たち夫婦以上にはるかに真剣に祈り、占いをやっている人もいました。

 さて行天宮といえば占いが有名で私たち夫婦は見てもらいました。私は占いについては、まったく信じていないのですが、どういうわけか海外旅行すると現地の占い師に見てもらうことが多いのです。

 私たち夫婦を見た占い師は、私にそれほど大きな成功を収めることはないが、妻が大変な財の持ち主だというのです。妻は私には大変厳しいが、妻の財と秀の星により、私の運気も上がるとのことでした。

 私がサラリーマン時代、占い師に見てもらった時とほぼ変わらないです。多くの成功はないが食べるに困ることはないという観相がほとんどでした。これが三国志とか「項羽と劉邦」の劉邦の逸話であれば、「あなたさまは天下を治める相がある。諦めてはいけませんぞ」と占い師が言うのでしょうが、現実はこんなものです。そんな相があったとしても私にとっては迷惑です。

 ちなみに、平家物語で、平家に反旗を翻す以仁親王も京都一番の人相見から天子の座に即かれる相があると言われて、平家討伐の令旨を発出しました。しかし、結果は以仁親王は逆に平家に討伐されます。うっかり占い師や人相見の発言で、静かな暮らしを破ることもありません。

 私にとっての占いは単なる気分転換ですが、妻は占いの結果が良かったので、気分は晴れ晴れとしていました。

 行天宮の占い師のお客は台湾人よりもどちらかといえば日本人が多く、日本の女子高生が占い師に見てもらっていました。この子たちも修学旅行生でしょう。この世代の女性は恋愛のことだと想像していますが、「彼氏とうまくいくか」「恋愛は成就するか」とこんなところでしょう。

 意外と真面目に「希望大学に合格できるか」を見てもらったかもしれませんが。この世代の女性の悩みはだいたい共通していて昔から変わりません。ですから、行天宮の占い師も、どちらかといえば人生相談に乗ってあげている感覚かもしれません。

 次は九份へ向かいます。

台湾弾丸旅行3~台北士林(シーリン)夜市編 グルメと買い物はやはりココです。

 3. 士林夜市

 台北1日目、最後の〆は、士林夜市です。ここでも日本の高校生修学旅行グループと出会いました。私の高校生時代の修学旅行は北九州でしたので、今の高校生がとても羨ましく感じました。それでも九州に行くというのは当時はとても遠い印象でした。出会った高校生が屋台でやっているような射撃をやっていましたがなかなか上手かったです。それにしても台湾では日本人観光客がとても多かったです。

 台北101からやはり地下鉄を使って士林に移動しました。そして歩いて士林夜市に着きます。士林駅から夜市まで歩いて5分くらいでしょう。ここはすごいです。買い物あり、グルメありでいいところです。台北に行けば色々とグルメ所はたくさんありますが、この士林夜市は外す手はありません。そもそも、私は和食の次に中華料理が好きですから、ここはかなりいいところです。

f:id:nagaisan00:20181209144402j:plain

士林夜市の美食地区の入り口

f:id:nagaisan00:20181209144514j:plain

夜食その1

f:id:nagaisan00:20181209144610j:plain

夜食その2

f:id:nagaisan00:20181209144654j:plain

店いろいろ

f:id:nagaisan00:20181209144741j:plain

ここで飲んだジュースはうまかった

 妻といろいろな店をはしごして飲んだり食べたりしましたが、あらためて人生楽しまなければ損だと思います。私は仕事を否定しませんし、その意義も理解できます。ただ、仕事だけの人生となると、それは違うというのが私たち夫婦の考えです。

 私たち夫婦は金持ちでもありませんし、そんなたいした人生を送っていませんがささやかな楽しみは享受しています。それで人生いいと思っているのです。

 この夜市の人々はなかなか言葉も丁寧な敬語を使っています。私に対しては、「社長」、妻に対しては「社長夫人」と言っていました。こういうことはお世辞でも嬉しく思います。

 面白いことに台北の人々は日本人男性に対して話しかけるときは、「社長」と呼びかけることがとても多かったです。

 冗談もいいますが、台北の人々はかなり人間味があります。もちろん中国本土にも同様な人がおりましたが、その比率は台北の人々の方が多かったというのが我々夫婦の印象です。

 士林夜市はいろんな店がありますので小皿料理をはしごして、いろんな料理を楽しんだ方がいいというのが私たち夫婦の考えです。

 買い物する場所もたくさんありますので、士林夜市で選んでもいいです。

f:id:nagaisan00:20181209150343j:plain

士林夜市の買い物場所

 1日目はここで終了です。成田空港⇒台北桃園空港⇒ホテル⇒中正紀念堂台北101士林夜市⇒ホテル。というスケジュールでした。私もオッサンなのでこのスケジュールは結構疲れました。この時点で足がパンパンです。なので、夜市から地下鉄を使わずホテルまでタクシーを使いました。

    台湾弾丸旅行は3日間続きます。明日は行天宮から始まります。

台湾弾丸旅行2~台北101ビル 台湾で出会った様々な人々

f:id:nagaisan00:20181209134901j:plain

101階建の台北101

 

 台北市の移動は地下鉄網が整備されているため、地下鉄が便利です。今回の台湾旅行で重宝したのが、「悠遊カード」です。日本で言う、パスモやスイカみたいなもので、私は現金をいちいち取り出して支払うことが好きではないのでこれは便利でした。私たち夫婦が購入したのは地下鉄バージョンであまり、凝ったデザインではないのですが、凝ったデザインが欲しいと希望される方は、コンビニで購入した方がいいです。

 コンビニといえば、台湾でかなりの存在感を示しているのはセブンイレブン。次にファミリーマートです。ローソンは見ませんでしたが、日本のコンビニは存在感がありました。セブンイレブンは日本のコンビニ業界で最大手ですが台湾でも圧倒している印象がありました。

 話を地下鉄に戻しますと、私は禁煙して以来、ガムを噛む習慣があるのです。台湾地下鉄では飲食がNGなのは知っていましたが、ガムもNGというのは知らなくて、かみ続けていたのですが、女性の台湾人が優しく、ここはガムを噛んではダメですよと注意してくれました。私は中国本土や香港にも仕事でも観光でも行っていますが、台湾の人々は性格が穏やかな印象があります。

2. 台北101

 そして今回は中正紀念堂から地下鉄で台北101に移動しました。101階建の台北101ビルは日本の準大手ゼネコン・熊谷組が建設したものです。熊谷組は建築よりも土木が強いゼネコンのイメージがありますが、前は海外では建築工事を次々と受注していたのです。

 かつて台北101の建設途上、台湾レポートを執筆するために、当時の熊谷組現場所長に話を聞いていました。台北101を再び見たので懐かしいですね。あの時は、仕事で台湾に行きましたが、今回は純粋観光です。

 妻と台北101を撮影しましたが、ここはどうも色々な政治や宗教の宣伝の場となっているようです。中国ではかつてある宗教団体が力を強めたことで、その宗教を禁止した経緯があり、その団体が中国に対して抗議活動をしていました。

f:id:nagaisan00:20181209141627j:plain

台北地下鉄駅


一方、別の方が台湾共産党ののぼりを立て、宣伝活動をしていました。その人は文化大革命時代のような人民服を着ていました。今や中国本土でも人民服を着ている人を見ることがない時代ですが、台湾で人民服を着て、中国の五星紅旗を振りながら、「中国共産党好」と叫ぶ男性を見てかなり複雑な心情になりました。

 その横でその様子を台湾公安がビデオ撮影し、何かあったら困るので待機しているという構図でした。両者に取材したら面白いかもしれませんが、私もオフで台湾に行っているので基本インタビューすることはなかったのですが、調べてみると産経新聞が記事にしていました。

www.sankei.com

 私は政治的なことに関わりを持つことを嫌い、台湾公安に目を付けられても困るのでその場を静かに去りました。ただ、その時、私の感想を言えば、台湾にもいろいろな人がいるのだなということです。

 ただし、大多数の台湾人は台北101でデートすることを楽しんでいると思います。台湾問題となるとしばし政治的な問題で語られることが多いのですが、今の日本人の台湾に対するトレンドは台湾文化やグルメを純粋に楽しむ傾向であることはとても健全なことだと思います。

 実際、政治とは離れ、台湾男性と結婚した日本女性が台北市内に居住している人も多いです。台湾は12月でも暖かいですし、住みやすいです。

 次は士林夜市編です。

 

台湾弾丸旅行~中正紀念堂編 台湾の人々は何を思うか

 ここ3日間、妻と台北に行ってきました。いい身分だと言われるのかもしれませんが、飛行機はLCCで、宿泊はそれほど高いホテルではないのでそんなにお金はかかっていません。さらに繁忙期を外しているので驚くほど安い金額で行けました。今回のLCCはバニラエアを使いましたが、LCCの普及で旅行は驚くほど気軽に行けるようになりました。特に、個人事業主は休みを気楽に取れるところが大きいです。これが前職のサラリーマン社会でしたらかなり難しく、2日間有休取得は基本ありえません。サラリーマンは身分と社会保障はしっかりしていますが、その代わり、組織として動くため、自由はなかなかありません。

 個人事業主になり、LCCの活用で、私たち夫婦はこれまで以上に自由に旅を楽しむことが出来る環境が整いました。

 前置きはともかく、私たちは成田空港から台北桃園空港に行き、そこから台北市内のホテルに行きました。私たちにとってホテルは機能性とコスパ優先です。ムダに豪華であっても意味がないのです。コーヒーを飲んで少し休んだ後、中正紀念堂に行きました。ここでは妻が衛兵が旗を降ろすところが見たいというので行ってみました。

1.中正紀念堂

 ここへのアクセスは、地下鉄の中正紀念堂駅と直結しています。ちょうど季節的なせいか、日本の高校生の修学旅行と出くわしました。結構、台湾を修学旅行先に選択する高校もそこそこあるようです。ここは蒋介石を追悼する場であると同時に、中華民国の思想を表現する場ともなっています。ですからそれぞれの建物に意味はあるのです。

f:id:nagaisan00:20181209131611j:plain

中正記念堂の広さ

f:id:nagaisan00:20181209131722j:plain

蒋介石像を設置している記念堂

f:id:nagaisan00:20181209131932j:plain

自由広場の門

f:id:nagaisan00:20181209132012j:plain

台湾の国旗を降ろす役割を行なう軍人

f:id:nagaisan00:20181209132508j:plain

国旗を降した時のシーン

 どこの国でも同様に言えるかも知れませんが、軍人の規律の正しさにはやはり感心します。中国でも同様に国旗を掲揚したり、降ろしたりする姿を見ることはできますが、これほど近くに寄って写真撮影は無理でしょう。これは儀礼であるとともに、観光客に対するイベントにもなっています。

 私はこの時、脳裏によぎったことは台湾は中国とどうつきあっていくのだろうかということです。実際、台湾が失地回復運動で、中国本土を回復をすることはもはや不可能でもあります。安倍晋三総理の祖父であり、首相をつとめた岸信介蒋介石に対して、「国府が大陸を回復することは結構なことだ」と伝えています。岸政権時代と安倍政権時代は本当に隔世の感があります。

 台湾にとって中国は重要な貿易相手国であり、言葉もほぼ同じです。高齢者は、閩南語を話す人が多くても、若い人は標準語です。ちなみに、地下鉄での放送は、標準語・広東語・閩南語・英語・日本語での案内があります。

 領土問題などいろいろ問題はありますが、日中台はうまくつきあっていくしかありません。もちろん、国内には独立派もおり、台湾の政情も一枚岩ではありませんが、大半は中国と貿易で儲ける一方、統一すると自由もなくなるので、現状維持がいいのではというしたたかな面もあります。

 そのため、国民党が中国に接近しすぎると、民進党がけん制するといううまい具合に調整する優れたバランス感覚があります。

 しばし、私は台湾については古い友達と表現することがあります。中正紀念堂で軍人が旗を降ろす姿を見ているとき、ガラにもなく、台湾政情についてぼんやりと考えていました。