ライター 長井の気ままな生活

気ままなライター生活を綴ります

政治ライターの魅力

biz-journal.jp

昨日も追い込み記事。さすがに2日連続で会見当日、追い込み作業はきつかった。

しかも一昨日は9時会見からの追い込みでまだ楽だったが、昨日の会見は3時45分から会見開始、終わった後、自宅に戻り、1回飯を食べて作業が終わったのは9時半頃。

こういう会見記事は他紙と差別化をいかにはかるかが課題。

だから簡単そうで実は難しい。

他紙といかに違いを見せ、時としてえげつないことも書かなければいけない。

webニュース系ライターは、こうしたえげつなさが必要なのだ。

えげつなさと相手に対する尊重を合わせ持つ器量がないとやっていけない。

人間は、こうしたえげつない記事を好む人も多い。その需要にこたえる部分を持つことも大切。

その場合、立場を明確にする記事内容としなければならない。立場がふらつき、どうにでも取れる記事はもうしわけないが読まれない。

政治記事は立場を保守革新問わず、自らの立場を明確にし、批判するか擁護するか選択し、記事を書く必要がある。

しかも批判する際も、えげつなく容赦なく批判する。

基本、私は今回の事実上の民進党の解党はどんなに言葉を綺麗にしても希望の党へバーゲンセールしたとしか思えない。

しかも、小池百合子代表が民進党議員の選別までするというのであるから、恐らくリベラル派や小池氏が好まない人は排除されると確信している。

それでも民進党議員が前原氏の演説で、「自分は大丈夫」「今後もめどがついた」と考えているのであれば、かなりお花畑の考え方だろう。

政治というのは騙し騙される世界で、私はそれは悪いとは思わない。

それが政治というもの。政治の世界では「騙された方が悪い」。これが政治に対する私の思想だ。

「騙す政治家がいるから騙される政治家がいる」

これが政治社会の真理なのだ。

あー嫌な社会だ。