ライター 長井の気ままな生活

気ままなライター生活を綴ります

生活

走れ光速の~帝国歌劇団 横山智佐さん維新の会の選挙カーに乗る

昔、サクラ大戦というゲームがあって主人公の真宮寺さくら役の声を担当したのが、当時の人気声優であった横山智佐さん。 結構、昔のゲームでやりこんだけれど、物語そのものは終わっているのでほとんど忘れていたが、久しぶりに横山智佐さんの名前を聞いた。…

部屋の中は紙だらけ

私の場合は事務所などはご大層なものはないし、自宅兼事務所になっている。 前の書斎がそのまま事務所になっている。 1月1日からライターの仕事をはじめたが、その時はすっきり綺麗なものだったが、今や家の中は気がついたら紙だらけ。 ほかのフリーランサー…

疲れるぜまったく

ほかのライターがどうしているのか知らないが、忙しい。 ライターというのは本当に因果な商売だと思う。 寒い中、立ちっぱなしで取材することも多いし、執筆にも時間もそれなりにかかる。 最近は、追い込み記事も多く、一般紙との差別化をはかるために周辺取…

政治記者ではないけれどさ

私は政治はノンポリで、保守でも革新ともに取材するけれど、考えていることは何が受けるかということです。 私も食っていかないといけないので、今、自民党と共産党を取材しても読まれない。 ということになると、やっぱり政治記事で上位に来るのは、希望の…

今日は休み 1日中、事務の仕事しかしない

昨日は久しぶりに大学の先生にインタビューしてまったりした取材であった。 こういうまったり取材はじっくりと話が聞けてうれしい。 最近、あまりにも政局の取材が多く、忙しかった。 今日はお休みする。仕事もしたくない。十分いい具合に稼いだ。 明日は三…

よー長井君。この人だれ?

私はあまり人の顔を覚えられない。 だから誰が誰かは分らないことがある。 「よー久しぶりだね」と声をかけられても、内心この人誰と思うことが多い。 まったく思い当たらない人も多い。 ある日、取材で地方に行ったのだが、人なつこい声で私に話しかけた人…

中小企業の管理職が疲労するワケ

日本の中小企業はいろいろと問題はあるが、管理職になって管理だけすれば良いかと言えばそうではなく、管理も含めてプライヤーとしても活躍しなくてはいけない。 実は私も最後の役職は部長だったがつくづく名ばかり部長だったと思う。 ちょっとうるさい老人…

定年後やフリーランサーになったら冠婚葬祭は避けた方がいいね

お世話になった人の冠婚葬祭はなるべく出席するというのが世の常だけれど、定年後やフリーランサーになると収入は減るし、積極的に参加するというのは、結構支出が多く、ちょっと考えた方がいいというのが私の考えだ。 フリーランサーで大儲けしているという…

ブラック再雇用制度

昨日も同じようなことを書いたが、日本の再雇用制度というのはどうもよく理解できない。60歳を超えると定年で、それから再雇用することが多い。 一度、まとまった金額の退職金が入るのでラッキーと考えるがそれも一瞬。 それまで部長職だったのが営業部営業…

定年後の人生、給料、人脈

早期退職をしてライティングの仕事を開始して、はや9ヶ月。仕事は中々順調だ。 もともと書くことは好きというか、ストレス解消にもなっていたのでこの仕事は、自分には合っている。 多分70歳を超えてもこの仕事はできる自信はある。 人からは、「ずいぶん思…

ちょっとした観光地だと外国人がイッパイ

これから日本は観光でも食べていかなければならないと思うので、私は国の観光立国プランを支持しているのだが、それにしても尋常ではないレベルに外国人が増えている。 外国人に一番人気のある都市は大阪だと言うが京都も東京も続々と外国人が来日している。…

やっぱり普段のつきあいは大事ですよね

普段のつきあいが大事なのはサラリーマンでもOL、そしてライターにも同じことが言える。 最近、とある団体の取材が多いが、行くのは取材の時だけではなく、勉強会とか食事会にも頻繁に顔を出している。 実は勉強会や食事会は記事にはできない。できないがヒ…

webライターの締め切り

webライターは昨日発表モノは当日取材入稿が原則と書いたが、独自ネタは割合に、暖めていくことが多い。 私の原稿執筆分量は3000~4000字。これが大物になると、2回に分けるため、8,000字を超えるケースも多い。 これは大物だと事前に分っているときは、最初…

ズバリ聞かれるライターの月収

実は、ライターがライターに取材することは時々あります。 格下のライターが本を何冊か出版しているその道の詳しい事情通のライターに話を聞いて記事にします。 これは、一般の方には理解できないかも知れませんが、本を紹介する代わりに、その業界の内容を…

辛かったら学校も会社も行かなくていいんですよ

この9月1日は青少年にとって最も自殺の多い日らしい。 学校に行きたくないそうだ。 会社員も月曜日に自殺するケースが多いが、責任感の強い会社員は自殺を選んでしまう話をある弁護士さんから聞いたことがあるのだが、私は思いきって言うが辛かったら、会社…

会社を辞めるのは簡単です。

会社を辞める決意をするというのは自分にとっては重要ですが、会社にとってはたいしたことではありません。 一大決心をして、退職を伝えるときは緊張なりするものですが、受理する方からすれば、まあこんなものかと思います。 とりあえず引き留めはするでし…

ライターとサラリーマンどちらが年収が高いか

サラリーマン時代と比べると今は、私はかなり無茶をやっていると思う。自分の信念も一定数あり、それがサラリーマン時代にはまったく出せなかった。そもそも仕事の内容も違うこともあるし、こう考えるからこう書きたいと願ってもそれは無理な話である。 今で…

私の人生これからだ。後半戦から始まる第二の人生

このブログも放置しっぱなしで、管理もろくにしていない。中々忙しい。9月からは念願の社史の仕事も本格化したり、ある企業さんのホームページ改訂の文章の依頼が来てたり、さらに別のwebニュースの仕事も来ている。 正直仕事があるのはありがたいと思う。気…

君の隠居はまだ認めないよ

会社を辞めて実は隠居生活に入ろうと思っていた。 ただ、専業主夫もしくは、プー太郎というのも格好が悪いので好きなライターの仕事を細ほぞとしようと考えていたが、世の中そうそう甘くなかった。 ワイフはもう働くよりも、2人で楽しく暮らそうと日々言っ…

屋台の飯って旨いものではないよね

金曜日、ワイフが台湾フェスティバルを上野でやっているので行きたいと言ったので行った。金曜日は取材二件あり、1人は弁護士、1人は、とある飲食チェーン店の本部の役員に話を聞いたのでそれが終わってから合流し、上野に向かった。 その前に昼飯は護国寺…

ライターは人恋しくなる 寂しいのだ

ライターは本当恋しくなる。今日みたいな雨の日はライティングをするか、取材のため、アポを取るための作業でワイフ以外全く人と会わない。 そのワイフも今は、パートに出かけていて、この家には私以外誰もいないのである。 あとは取材目的のため、本を読む…

退職者や個人事業主が悩む住民税対策はこのサイトで乗り切れ!! 猶予や減免の救済措置活用も

lapl.jp サラリーマンを早期退職し、ライターになった私に、悪魔の請求書が次々とやってきた。特に、住民税の高さにはビックリだ。 よく言われていることだが、60歳で定年退職し、再雇用になった最初の1年は年収は半分以下になるので、地獄を見ると言われて…

個人事業主は仕事も大事だが経理や税務も大事

とある税務署主催の「帳簿の記帳の仕方」の研修会があったのでワイフと一緒に行ってきた。 なにしろ書くのは好きだが私は数字の計算などはサッパリだ。色々と本を買って読んだがまるでダメ。 しかし、もう半年も過ぎたことでそろそろ記帳については本腰を入…

新大久保で今話題の韓国チキンを食べた

今、韓国は、中間層が崩壊している。そこで目につけたのが韓国のチキン屋を開業するビジネスで、ソウルではあちこちにある。 以前、テレビで見たが韓国財閥企業に勤務していた人々が一攫千金を求めてチキン屋をはじめている。中々韓国で暮らすのも大変なよう…

今日から衣替えしよう

さすがに死ぬほど暑い。取材に行ったが背広だとさすがにきつくなった。国の方針でもあるし、ライターも衣替えをしても許されると思う。 ライターもラフな格好で出かけよう。 前職の時は環境省の方針に則って、衣替えの時期を決めていたが個人事業主であれば…

意識と無意識について

saimin-hacks.com 意識と無意識について 催眠術や催眠療法は効果があると私は思う。 私は以前、NHKのプログラムで驚かされたのはアーチェリーの専門家でない一般人が、催眠療法を施すことによって、オリンピック選手並みの腕前を見て、人間の心にある潜在意…